CATEGORIES
Tokyo Art Beat

Powered by Tokyo Art Beat

BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
b l o g
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
〜タジン鍋〜
 

久々のブログUP・・・。さてさて、上の写真は飲食店さまと個人の方からオーダーいただきましたタジン鍋です。大体の大きさを伺っただけで他お任せだったのでいろいろ悩みましたがやはりモロッコ風のスタンダードが可愛いですよね。ちなみに本場モロッコに行ったことがあるのですがタジン鍋は道端で売られている雑器という感じでほとんどのものが素焼きの脆いものでした。やはり耐久性を考えると高温焼成してしっかり釉薬はつけたいところです。最近は穴の空いた市販のタジン鍋も見かけますがタジンといえば蒸し料理。空いていたら意味ないと個人的には思うのですが皆さんいかがでしょ?


Brown〜Greenに見える釉薬。トップにはアクセントで黒釉を。 φ35cm


下の鍋は一緒で蓋違いのバージョン。明るい茶色もしくは黄色の渋めの発色です。

上のタジン鍋φ35cmサイズで21,000円。
個人、飲食店さま等オーダー受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

PS. モロッコのオススメはやはりジャマ・エル・フナの屋台(特にオレンジジュースと胡椒煮のエスカルゴ)とフェズ。また行ってみたいところです。
| 土鍋・ごはん鍋・陶板焼 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(2) |
●アジア●スープ専用素焼きの壷 トムヤムクン、グリーンカレー etc

先日、試作で作った素焼きのスープ壷。中側の見えないところには使い勝手も
考えて飴色の釉薬をたっぷりかけてあります。外は素朴な素焼きのまま。直火
対応の土で作ってはいないのですがご要望があれば対応します嬉しいアジアなど
エスニック色が強い地域に旅に出るとこんな素焼きの壷にスープが入っていて
とても美味しそうに見えたりします。でも日本でこんなのを探してみると意外に
ないんですよね。なので作ってみました☆写真は恥ずかしながら家でグリーン
カレーを作ったときのものです。このサイズで6,800yenを予定しております。
例)size : φ22僉hight11.5僉
ご注文はこちらまで 件名は『素焼きのスープ壷』で☆

| 土鍋・ごはん鍋・陶板焼 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
試作中のごはん鍋?


シンプルなごはん鍋を意識して試作してみました。

特徴は

・鍋底の面積を狭くとっている ⇒ お米を勢いよく対流させるため
・深鍋であること ⇒ お米を勢いよく対流させふっくらと炊き上げるため
・二重蓋 ⇒ 蓋を二重にすることによって釜内に圧力がかかるためふっくらとなる
・厚い鍋底 ⇒ 一気に煮えたぎらせないため

少量炊きも意識してつくったのですが
よくよく考えると二重蓋を設置した位置と構造を
中間点にしすぎたためうまくお米が対流してくれるのか?
少し改善する必要ありか?・・・

奥が深いです。

| 土鍋・ごはん鍋・陶板焼 | 18:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
ベトナムの素焼き鍋


ごはん鍋を作ろうと思っていたらベトナム風素焼き鍋が
できてしまいました見る

ベトナムではこういった鍋を使ってヌックマムの煮魚を作ったり
するそうです。

う〜ん、鍋つくり楽しいです☆
| 土鍋・ごはん鍋・陶板焼 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
野菜を美味しく食べる!〜土鍋〜


いっきに秋が来てしまいましたね。
秋といえば秋刀魚、鍋、梨う〜ん食欲の秋ですきのこオレンジ

という訳で「野菜をもっと美味しく」食べるための土鍋を作ってみました!

この鍋の特徴は蓋見たまんま「蓋」です。
「なんだ〜こりゃ!?」
テーブルの上の花になるはずです☆

とは言えこれには理由があるんです。
上に大きく張り出した蓋によって
野菜をギュウギュウに圧縮していれたり
何度にも分けて入れたりすることなく
一度に調理できます。
またこの蓋の中で野菜から出た蒸気が対流し
再び野菜や煮汁に戻ります。
よって野菜の味がしっかりしてシャキシャキのまま
美味しく食べることができる!

小麦粉の団子などで蒸気穴を塞げば
水なんかはほんの少量で野菜の煮汁だけで
鍋になってしまいます。

なお、この蓋のヒントはアフリカのタジンなど
の料理を作る鍋の三角錐の蓋から来ています。
世界にはいろいろな鍋がありますね〜

〜次はご飯鍋を作る予定です〜
| 土鍋・ごはん鍋・陶板焼 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |